海外挙式をする場所を選ぶ方法は、行いたい式の内容によって異なってきます。新郎新婦が新婚旅行の中で記念写真を残すために海外挙式を希望する場合もあれば、両家の親族と近しい友人までが出席できるような中規模の結婚式を行える式場を探すこともあります。すでに行いたいと思う場所や教会の希望があることもあれば、全く決まっておらず予算の範囲内で行えればどこでも良いということもあります。このようなすべての状況に対応してくれ適切にフォローをしてくれるのが代行会社です。

一般的に海外挙式を行うときには、自分達で希望する結婚式場での結婚式プランを請け負っている代行業者に問い合わせをしてそこのプランに申し込みをして式の準備を進めます。そのため、ある程度会場や人数が決まっていればその会場でのプランを持っている代行業者に問い合わせて申し込みをし、打ち合わせをしていきます。逆に全くアイデアがない場合には、その旨を代行業者に出向いて相談をし、自分達のニーズに合うような式場や国を探していくことから始めていきます。全くアイデアがないことを申し訳なく思う必要はありません。あちらもプロですから新郎新婦が興味を持ちそうなプランを沢山紹介してくれるはずです。

参考|海外ウェディング,海外挙式,ハワイ結婚式はEARTH COLORS

ただし、いくらノープランといっても招待客の状況なども不明ではウェディングプランナーとしても意見が出しにくいです。高齢の両親がいるから飛行機移動は少なめ、とか式にはこのくらいの人数が出席予定、式場のロケーション、総合で予算はどのくらい、といったわかっている情報だけでも提示できるよう準備しておく方が望ましいです。